売り方が変われば、作り方も変わる

Ia ora na!中小企業の製造業で、OEM(相手先ブランドによる受託製造)が中心のところが多くあります。昔は、このビジネスモデルでも生存できるだけの利益が出ていました。しかし、これは過去の話。今は、委託先の販売力が低下したり、海外製品との競争が激…

経営を簡単にする方法

Ia ora na!先日、新規のクライアント2社に訪問して気づいたことがあります。それは、「多くの中小企業は経営を難しくし、大企業は経営を簡単にしている」ということ。どういうことかというと・・・ 新規のクライアント2社とも、経営者も社員もとてもまじめ…

マーケットシェアの意味 〜新事業の時、どうしていますか?〜

Ia ora na!MG(マネジメントゲーム)の第5表には、「マーケットシェア」を書くところがあります。ゲーム中は、ややもすると、急いで決算することに意識がいってしまい、このマーケットシェアをただ計算するだけになってしまうことも。でも、なぜマーケット…

商品の“旬”を意識する

Ia ora na!ものには、旬というものがあります。食べ物で言えば、新鮮で一番美味しい時ですね。事業や製品・サービスにも、この“旬”があります。これを意識して経営をするかどうかが、とても大事なんです。新事業を考える時も、いろいろと示唆を与えてくれま…

“時間”という価値を意識していますか?

Ia ora na!「うちには強みがない・・・」中小企業の社長とお話しすると、たまにこのような発言を耳にします。本当にそうでしょうか?私が、多くの中小製造業をご支援していて、共通して感じることがあります。それは、「現場の頑張り!!」です。納期に間に…

自分の会社の“在るもの”に目を向ける

Ia ora na!先日のクライアントの会議でのこと。社長から、「うちのような小さな会社は、採用したくても、なかなか入ってもらえない・・・」という話が出ました。この会社、努力はしてきました。ここ数年で、ベトナムの方を5人採用(技能実習生、特定技能)…

小さな会社の青チップ事例 アックスヤマザキ②

Ia ora na!前回の続きで、アックスヤマザキさんの青チップ(研究開発)事例について。 https://www.axeyamazaki.co.jp/ ko-manage.hatenablog.com 山崎一史社長は、OEM製品削減と同時に、自社製品を増やしていきました。今回は、その自社製品の展開について…

小さな会社の青チップ事例 アックスヤマザキ①

Ia ora na!大阪のアックスヤマザキ(大阪)という会社をご存知ですか? https://www.axeyamazaki.co.jp/ 日経トップリーダー2021年5月号で特集されていたのですが、とても素晴らしい経営をされていて、「小さな会社の青チップはこうあるべき!」と参考にな…

市場制約における「②ボトルネックの最大活用」とは?

Ia ora na!前回のブログでも書いたように、現在は市場の需要縮小が続いており(デフレ:総需要<総供給)、コロナ禍がそれを加速させています。こんな時、中小企業はどう改善していけばいいのでしょうか?今回は、TOCの視点で考えてみたいと思います。 TOC…

社長、「穴熊」になっていませんか?

Ia ora na!MG(マネジメントゲーム)をやって、一番最初に感じたこと。それは、「販売こそ事業の牽引力である」ということ。売れないと、経営は成り立ちません。販売さえ順調にいけば、企業の大部分の問題は解決するといっても過言ではありません。しかし、…

数字を使う技術 データの精度と最適解の考え方

Ia ora na!クライアントの営業責任者から、こんな話がありました。「分析に使っているデータの精度が悪い。誤った数字を元にした原因調査や戦略立案は危険だと思いますので、このような数字の誤りがあった事実をご報告します。ご確認ください」社内の販売デ…

その研究開発、企画書ありますか?

Ia ora na!研究開発は、とても重要ですね。MG(マネジメントゲーム)でも、青チップ効果は絶大です。この研究開発。ただ「やってるよ!」ってだけだと、なかなか効果に繋がりません。「自分たちの作れるモノ」で開発してしまうと、せっかく完成しても、お客…

“つなげる”と、見えないものが見えてくる!!

Ia ora na!クライアント先で、業務フロー改善を進めています。これまでもいろいろな企業で何度も行なってきたことですが、今回は、その規模、範囲が全然違います。どう違うかというと、”全社レベルで”行なっているのです!全社レベルで行うと、信じられない…

DCは経営者用って、どういうこと?

Ia ora na!何回も聞いているとわかった気になってしまい、実際にはわかっていないことって、よくありますよね。MGを受講していて、そんなことをふと思いました。MG(マネジメントゲーム)の初日に教わる、FC(全部原価計算)とDC(直接原価計算)もそのひと…

欲求五段階説 モラールへの応用「社食」

Ia ora na!前回の続きで、今回もマズローの欲求五段階説について。今回は、モラールへの応用です。モラールとは、軍隊や会社などの組織体の士気、労働意欲、やる気など、集団の活動性の度合い、団結精神の強さのことです。モチベーションが個々人の意識に関…

欲求五段階説 マーケティングへの応用

Ia ora na!前回のブログで書いたモチベーション理論。その中のひとつにニーズ理論というものがあります。人には根源的な欲求があり、その欲求がモチベーションとなり、行動に影響を与えるという考え。そこに出てくるマズローの欲求五段階説。 これをマーケ…

理入も大事

Ia ora na!昨日は、中小企業診断士の仲間4人での恒例の勉強会でした。関西の超優秀な3人の中小企業診断士の中に加えていただき、半年に一回行っています。いつもは、大阪に集まってリアルで勉強、交流するのですが、こういったご時世、今回はWEBでの開催で…

100人の1歩の前に、1人の100歩から

Ia ora na!今回は、私の過去の失敗経験から。今から5〜6年前、中小企業診断士、コンサルタントとして、いろいろ経験し実績を積み、自信をつけていた時期のこと。新規クライアントの経営改善を、「今までにないほど短期間で実現しよう!」と意気込み、各拠点…

増やすために減らすことが大事

Ia ora na!「増やすためには減らすことが大事なんです!!」えっ?何?どういうことかというと・・・ 先日開催したTOCセミナー。サイコロを使ったシミュレーションゲームを通して、TOC理論を体験、体感していただきました。このサイコロゲーム、生産性とは…

TOC利益力改善セミナー2021〜方針制約編〜を開催しました

Ia ora na!5月22日(土)〜23日(日)、TOC利益力改善セミナー2021〜方針制約編〜を開催しました。12名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。今回は、公開講座としては初!!「方針制約」について、みんなで学びました。 1日目は、サイコロ…

蒸発する雲で対立を解消!? 農家の事例

Ia ora na!ビジネスに限らず、日常で意見が対立することってよくありますよね。そんな時、妥協したり、強制したり、どっちつかずだったり・・・。いずれにしても、モヤモヤした気持ちになりますよね。そのモヤモヤを解消する、ブレークスルーできる方法があ…

「それは変動費では?」問題はそこじゃない!!

Ia ora na!あるクライアントの経営会議での出来事。私が月次収益について状況報告していた時、同席していた金融機関の方から、「先生、それは変動費ではないのですか?」との質問が出ました。「キター!」と、私は心の中で叫びました。よくある光景だからで…

社員に優位感を持たせる

Ia ora na!野村克也氏がヤクルトの監督1年目に、「弱者の戦法」のひとつとしてやったことに、トリックプレーがあるそうです。この作戦は、相手チームに警戒感を与えるだけでなく、それ以上に味方選手に効果を発揮します。「うちは他のチームより進んだ野球…

脱個人商店への秘策とは?

Ia ora na!仕事を個人に割り付けて、会社なのに個人商店の集まりになっている。こんな会社を多く見ます。個人商店からチーム力へ、部分最適から全体最適へ、変えるために取った秘策とは?本日のクライアントとの会議での話。TOCを学んで全体最適の重要性を…

新事業におけるTOC的思考

Ia ora na!TOCは製造業のためのものと思われがちですが、実は業種に関係なく活用できるんです。先日ご相談を受けた企業のお話。新しく事業を始めるに当たっての経営計画についてのご相談でした。経営計画の内容を確認すると、そこに大きな問題を見つけまし…

市場地位別マーケティング チャレンジャーの戦略とは?

Ia ora na!市場地位別マーケティングの続きです。前回お伝えしたチャレンジャーの差別化としてリーダーの内部事情を利用するという方法。「これおもしろい。他の事例も教えて」というコメントをいただいたので、参考文献に掲載されている事例を紹介しますね…

市場地位別マーケティング チャレンジャーにも2パターンある

Ia ora na!前回の続きで、今回はチャレンジャーの戦略について。リーダーは、シェア1位の会社。チャレンジャーは、シェア2位以下で、リーダーを狙える市場シェア・経営資源を持つ会社。ニッチャーは、トップを狙えるような規模にはないものの、独自の生存…

市場地位別マーケティング リーダーの戦略とは?

Ia ora na!先日のうどん県MGでお伝えした利益感度分析。どの企業でもP(価格)感度が第一順位となります。このP(価格)。決定するためには、自社の都合だけでは決められません。多くの場合、業界における地位によって競合からの影響を受けます。今回のMGの…

トレンドマップ2021上半期 注目のキーワードは?

Ia ora na!日経クロストレンドが技術、マーケティング、消費の3分野の潮流を分析した「トレンドマップ2021上半期」をまとめました。3分野のキーワードについて、専門家らが「将来性」と「経済インパクト(収益性)」という2軸で点数化しています。どんなキ…

教えない教育とは?

Ia ora na!MGの大事な思想のひとつに、「教えない」というものがあります。これは、答え、ゲームの勝ち方を教えない。答えを教えることで、自分自身で考える、気づく、発見する機会を奪ってしまい、その人の学びにならないという考え方です。実は、この「教…